耕さない畑の夏のほうれん草


夏のほうれん草。

一般では高冷地などでないと作れない野菜。

ここは兵庫県神戸市。

驚きの栽培が現実のものとなっている。

直播。

不耕起(耕さない)。

栽培の難しい時期。

移植栽培は見たこともある。

直播は冬場だけと思い込んでいた。

不耕起でつくる。育てる。

種類で可能なものもあるだろうが、ほうれん草だ。

この農家さんは小松菜ですでに実施している。

無謀な挑戦ではない。

人気がでると容易に予測できる。

電子技法栽培の基本は圃場に炭素埋設をする。

安定生産・品質の安定などのレベルアップに欠かせない。

炭そだちで土づくり。

土の状態が変わってきていると実感されている。

めざすべき農業の姿がここにもある。

見学者が多くなるだろう。

笑顔で明るく話されている農家さん。

そんな農家を増やしたい。


近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Featured Posts
Recent Posts
Archive