炭そだちは何ですか?

炭そだちは農業・畜産に使う「炭」の愛称(登録商標)です。

・炭そだちはハニカム構造で多孔質のため、吸着力に優れています。

・炭そだちは脱臭作用、調湿作用があり、環境改善できます。

・炭はその作り方(焼き方など)によって効果に差があります。

・炭そだちは有機JAS認証に必要な検査をしています。

 (証明書を発行しています)

・炭そだちと微生物は相性がよく、多様な生物相をつくります。

・塩基置換容量が高く、肥料効率が向上します。

 

炭の力

ハニカム構造の多孔質

 

炭そだちは木炭の粉末です。

1gでテニスコートと同じ程度の表面積があります。

これが吸着力につながります。

 

 

菌根菌と炭

 

炭と微生物の相性は良い。

菌根菌や根粒菌以外にも

多様な微生物が育まれる。

醗酵場に多くの炭が使われている。

 

写真提供:日本バイオ炭普及会

テラプレタ(南米の黒い土)

南米のアマゾンに点在する

テラプレタでは無施肥で植物が

旺盛に成長している。

その20%は炭であるという、

こうした環境を炭が作ります。

写真提供:日本バイオ炭普及会

 

​地球温暖化防止と炭そだち

地球規模の気候変動が起こり、毎年世界各地で自然災害が発生しています。

その元凶は温暖化であり、空気中の二酸化炭素濃度が上昇しているためです。

炭そだちを初めとするBiocherは植物が光合成で空気中のco2を取り込み形作られた植物体を炭化したものです。

それを農地・圃場に入れることでco2は削減されます。

猪谷 保富 ホームページ管理人

「炭で元気」を合言葉にして、炭そだちを使い儲かる農業を

進めています。

炭そだちを使う方法は農家さんで違いはありますが、

品質、収量は向上する傾向にあります。

また、炭は地球温暖化の元凶である温室効果ガス(co2)を

削減する働きがあると国連の報告書にも記載されました。

農業を進めることで温暖化防止に役立っています。

土壌改良資材(ナチュラルバクテリア®)を併用することで

農産物の安全性が担保できるようになりました。

農産物からは残留農薬、重金属の検出はありません。

​土壌改良資材を併用している農産物は検査しています。

​多くの皆さまに使っていただき、安全で美味しく旨い食べ物づくりを進め、笑顔溢れる社会づくりに役立ちたいと思います。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com