炭そだちと土壌改良資材を使うと豊かな微生物相となり

​病気の発生が減少します。

土壌の生物性の指標となる調査をしました。

微生物の種類・量が多いので

​病気の発生はほとんどない圃場になっています。

土壌の生物性を評価する方法です。

​炭そだちを使うと品質劣化が少なくい。

ぶどうの日持ち試験。

​炭そだち使用区

炭使用なし・コントロール

同じ農家で炭を使っていないぶどうの

​栄養価も調べています。

2017年からぶどうの日持ち試験をしています。

​3年間の傾向を総合的に評価してもらいました。

​炭そだちで高品質の農産物になります。

一般社団法人日本有機農業普及会が主催するオーガニック・エコフェスタ

​栄養価コンテストで優秀な成績になっています。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com